アメリカ企業での給与交渉の際に知っておきたいこと

アメリカで給与の交渉を行う場合は、金額の話などを出来るだけ避けて自分から積極的にビジネスのスキルの度合いをアピールする事を心掛けます。アメリカの会社の担当者から金額の話を持ちかけた時は、担当者に対して具体的な金額を伺ってもらいます。

年棒の提示に納得できない場合は、持っているスキルなどを積極的にアピールして、職歴の中で培ったキャリアが会社に役立つ具体的な能力などをもう一度伝える事が大切です。アメリカなどの海外での就職を希望する場合、現地で会話をする能力も問われます。

現地の社員とスムーズにコミュニケーションを行ったり、ビジネスの中での貢献度を優先して仕事を行わなければならないです。海外ではビジネスの会話が重要なので、様々な用語を海外で使いこなしている人が即戦力として見なされやすいです。

アメリカでは競争主義の社会で競争を行いながら仕事にまい進している人が多いので、海外で通用できる度合いなどをアピールする事が大切です。

給料を提示してきた時に交渉する場合、会社よりもはるかに期待できるスキルを満たしておけば、キャリアの観点を鑑みながら給料の額を若干ながら上げる事を希望しても構わないです。

応募の時点で自分の価値が応募する企業に満たしていなければ、企業から提示している給料で了承して、入社してから自分の価値を上げていく努力をする意気込みをアピールする事が大切です。結果を出すという前提で、入社してから周りと協調しながら自分の価値を上げる工夫を示す事が大切です。