就職活動におけるアメリカ永住権取得のメリット

アメリカで現地の方と同じような条件で就職活動をする一番の近道は永住権の獲得です。アメリカの永住権には、日本人が留学や就職、起業をする際に、様々なメリットを生んでくれます。永住権とはアメリカ人以外の国の人が永久的にアメリカに住むことを許された権利です。

この権利は、選挙権や被選挙権などの市民権がない事以外は、現地の人と同じ権利を有する事を証明するものです。就職を現地でする場合は、通常は就労ビザが必要になります。ビザを修得する事は、ビザの種類を問わず難しいものです。しかし、永住権さえあれば、就労ビザの必要はありません。現地の企業に就職するのも良いですし、アメリカンドリームを目指して起業するのも、現地の人と変わらない自由を持って行えます。

現地の企業への就職を目指した活動をする場合でも、この権利があるのとないのでは、就職のしやすさや待遇の面で差があります。権利があれば、現地の方として採用を考えてくれる企業も多いですし、就労ビザの場合では、働ける業種も少なからず限られてきます。

一度権利を修得すれば、10年毎の更新を行うだけで継続して行使できます。また、修得当時は認められていない選挙権や被選挙権などの市民権への申請ができるため、州によっては認められていない公務員への就職も可能になってきます。海外での移住で1番煩わしいと感じるのは諸々の申請手続きです。その作業を少しでも緩和するために、権利の修得をお薦めします。