会社によってはオンライン面接がある、その対策とは

日本と海外では就職をするときに国ごとの差が出てしまうことも多いです。日本では履歴書を会社に送付して、面接を受けますが、海外ではレジュメと呼ばれるものが一般的です。履歴書とは違って、就職をする人を全面的に売り込むための文章作成能力が必要になります。

海外で就職活動をしたことがない人むけに支援してくれる企業もあるので、活用してみると良いでしょう。

アメリカと日本でも就職をするときの流れが違ってきます。日本の場合には、筆記試験や直接顔をあわせる面接形式をとることが多いです。しかし、アメリカでは1次試験はオンライン面接をすることがあるのです。企業によって顔が見えない電話とビデオ通話と二種類の方法があります。顔が見えないものに関しては、表情や手振りを相手に伝えることが出来ない点に注意しましょう。顔が見えない分、声ですべての印象が決まってしまいます。いつもよりは、明るく元気な声を出すと印象も良くなります。

ビデオ通話の場合には、顔が見えるので服装や電話を受ける場所に考慮しなければいけません。騒音がうるさくて相手の声が聞こえない場所は避けるべきです。服装はスーツが適しているでしょう。カメラの設定によっては顔の印象が悪く見えるので、電話をうけるまえに明るく設定しておきましょう。

アメリカでは、オンライン面接が一般的なのでなれておくことが大切です。初めてうけるときには、知人に練習相手になってもらうといいです。