事前準備が重要!面接でよく聞かれるポイントを抑える

アメリカ企業の面接で大切な事は自分を良く分析して相手に説明する事です。

アメリカだけではありませんが、どの企業も面接時には相手を良く知ろうと努めます。

まず自己紹介ですが、自分の強みとする事や仕事に関係する事など相手に知ってほしい内容を話します。決して脚色し過ぎる必要はなく、時系列での学校時代の得意科目や前職での職歴などが良いでしょう。職場経験のない場合は自分が選んだポジションをどのような理由で決めたか簡単に説明します。

また同じような職種での転職の場合は退職理由を必ず説明します。双方ともあまりマイナスな印象にならないように話す事が大切です。その理由が「どうしてこの企業を選んだのか」と同等になるようにする事が理想です。

目的を答えればいいのですが出来れば自分の能力や強みに絡めて説明すると説得力を持ちます。アメリカ企業は個人を大切にします。本人のビジョンがしっかりしていればそれと会社内のポジションとを照らし合わせて後押ししてくれる場合もあります。

5年後、10年後のビジョンを語れるように準備して面接に臨む事が大切なポイントになります。

面接の終わりに相手から「質問は?」と聞かれますので、会社の事、ポジションの事など聞きたい事を逃さず質問しましょう。こちらから質問をする事で相手に熱意として感じさせることができます。常時多弁である必要はありませんが、自分の考えを自身の言葉としてしっかり相手に伝わるように話しをするつもりで臨みましょう。