アメリカでの就職を実現するために知っておきたい面接での注意点

アメリカの企業で書類審査が通り、面接の日程通知が知らされたなら、うれしいながらも大きなプレッシャーを感じるかもしれません。

ではアメリカの就職活動における面接でどのような点に注意すれば良いでしょうか。日本であっても海外であっても、基本的な原則は同じです。

たとえば服装と見なりは非常に重要です。アメリカが自由な国であるとはいえ、第一印象は最初の数秒で決まります。清潔でプレスされた服装で臨みましょう。また靴は裏もかかとの部分もきれいに磨いておくことが大事です。当日持っていくカバンやファイルケースにも気を配りましょう。

必ずしも新品である必要はありませんが、好印象を与えるようにします。言うまでもなく遅刻は絶対にあってはいけません。面接の場所が初めてであるなら、十分前もって下見をして当日遅刻しないようにする必要があります。その時間がないなら、早めに家を出ましょう。

三分の遅刻より三時間前と言われるように、余裕を見て家を出る必要があります。

いよいよ面接が始まったなら、落ち着いて相手としっかりコミュニケーションを取れるようにしましょう。積極的に発言して熱意をアピールする必要があります。

質問するチャンスが与えられた時に遠慮して何も答えないなら、マイナスイメージを与えることになりかねません。相手側にこの人を採用したいと思わせる必要があります。生意気と思われないようにおとなしくしすぎることや、逆に極端になることも避けなければいけません。