若手人材向けアメリカ就職ならインターンを活用しよう

アメリカで就職を考えるうえで、必ず必要になってくるのがビザの問題です。

基本的にアメリカで生活をすることを考えると、留学にしても就職にしてもビザが必要です。特に就職に必要な就労ビザは、手続きにかなりの労力を割かなければいけないため、採用をする企業側は難色を示すことも少なくありません。

永住権を持っていれば、アメリカ人と同じようにビザなしで留学、就職、起業などができますが、永住権を持っていない日本人を労力を使って雇うよりも現地の人間を採用することは至極当たり前の事です。

そんな日本人がアメリカで就職するためには、現地の人よりも高い能力や技術を持っていなければなりません。

そこで就職に通用する能力を高めるためにインターン制度を利用します。インターン制度は近年日本でも就職活動の一環として採用する企業が増えてきていますが、アメリカが本場です。一度現地の大学に入学すると、在学中または卒業後に実務研修として期限付きで働くことができるプラクティカル・トレーニング・ビザが取得できます。これを利用して企業のインターンを経験し、自分が就職希望の業種の能力や技術を習得していきます。

運が良いとインターン先の企業で仕事をしていくうちに求人に引っかかる可能性も出てきます。アメリカで就職する事は、並大抵のことではありませんが決して悲観する必要もありません。英語力は当然の事として、さらに現地の人たちと対等に渡り合えるような能力を身につけましょう。