カバーレターとは?正しいカバーレターの書き方

アメリカで就職を考える場合、非常に重要になってくるのが、英語でのレジュメです。

アメリカで日本人が現地の人よりも能力的に少しでも優れており、雇う価値があると思わせることは人並み外れたことではありません。

そこでよりレジュメを担当者に印象づける為にカバーレターから気を遣わなければなりません。表紙であるカバーレターは、担当者が1番先に目にするものです。書き方が雑であったり、要点がまとめてなかったりすると印象が悪くなり、レジュメに目を通さずに不合格となってしまうことも少なくありません。まず自己PRを忘れずに書きましょう。応募する企業にもよりますが、大企業になればなるほど書類に目を通す時間は少なくなってきます。

いかに短時間で読む人に引っかかりをつけるかが重要ですので、簡潔に自分が企業にとって有益な人材であるかをアピールしましょう。カバーレターのマナーとして、必ず企業の担当者の名前を書きましょう。

担当者の名前がないと、企業によっては、書類に目も通してもらえません。担当者については、ウェブサイト上の応募条項に載っていますので、必ず書きましょう。また、日本人日本円でとって男性か女性かわからない場合もありますので怪しい時は必ず電話で聞きましょう。

カバーレター結びには、時間を割いて書類に目を通してくれたことや面接をよろしくお願いしますといった依頼も忘れないようにして結びます。正しくレジュメを作り、アメリカでの就職活動を成功させましょう。