若手人材向けアメリカ就職ならインターンを活用しよう

アメリカで就職を考えるうえで、必ず必要になってくるのがビザの問題です。

基本的にアメリカで生活をすることを考えると、留学にしても就職にしてもビザが必要です。特に就職に必要な就労ビザは、手続きにかなりの労力を割かなければいけないため、採用をする企業側は難色を示すことも少なくありません。

永住権を持っていれば、アメリカ人と同じようにビザなしで留学、就職、起業などができますが、永住権を持っていない日本人を労力を使って雇うよりも現地の人間を採用することは至極当たり前の事です。

そんな日本人がアメリカで就職するためには、現地の人よりも高い能力や技術を持っていなければなりません。

そこで就職に通用する能力を高めるためにインターン制度を利用します。インターン制度は近年日本でも就職活動の一環として採用する企業が増えてきていますが、アメリカが本場です。一度現地の大学に入学すると、在学中または卒業後に実務研修として期限付きで働くことができるプラクティカル・トレーニング・ビザが取得できます。これを利用して企業のインターンを経験し、自分が就職希望の業種の能力や技術を習得していきます。

運が良いとインターン先の企業で仕事をしていくうちに求人に引っかかる可能性も出てきます。アメリカで就職する事は、並大抵のことではありませんが決して悲観する必要もありません。英語力は当然の事として、さらに現地の人たちと対等に渡り合えるような能力を身につけましょう。

アメリカ企業での給与交渉の際に知っておきたいこと

アメリカで給与の交渉を行う場合は、金額の話などを出来るだけ避けて自分から積極的にビジネスのスキルの度合いをアピールする事を心掛けます。アメリカの会社の担当者から金額の話を持ちかけた時は、担当者に対して具体的な金額を伺ってもらいます。

年棒の提示に納得できない場合は、持っているスキルなどを積極的にアピールして、職歴の中で培ったキャリアが会社に役立つ具体的な能力などをもう一度伝える事が大切です。アメリカなどの海外での就職を希望する場合、現地で会話をする能力も問われます。

現地の社員とスムーズにコミュニケーションを行ったり、ビジネスの中での貢献度を優先して仕事を行わなければならないです。海外ではビジネスの会話が重要なので、様々な用語を海外で使いこなしている人が即戦力として見なされやすいです。

アメリカでは競争主義の社会で競争を行いながら仕事にまい進している人が多いので、海外で通用できる度合いなどをアピールする事が大切です。

給料を提示してきた時に交渉する場合、会社よりもはるかに期待できるスキルを満たしておけば、キャリアの観点を鑑みながら給料の額を若干ながら上げる事を希望しても構わないです。

応募の時点で自分の価値が応募する企業に満たしていなければ、企業から提示している給料で了承して、入社してから自分の価値を上げていく努力をする意気込みをアピールする事が大切です。結果を出すという前提で、入社してから周りと協調しながら自分の価値を上げる工夫を示す事が大切です。

アメリカ就職活動での持ち物・身だしなみチェックリスト

よほど社会と掛け離れた生活をしていない限りは、就職活動の際にどのような服装が好まれるかは誰にでも分かります。しかし、それは日本という小さな国の中での話ですので海外では事情が違うかもしれません。例えば海外への就職先として候補の多いアメリカではどうでしょうか。

まず、アメリカの社会人の身だしなみを見てみると実はそこまでスーツを着ている人は多くはありません。エンジニアやクリエイティブ系の仕事ではかなりラフな格好をしている人も見かけます。しかし管理職や営業のビジネスマンともなるとやはりスーツを着用しています。

日本にはないアメリカという広大な国特有の違いもあります。カリフォルニア等の西海岸では比較的ラフな格好の人が多いのに対して、ニューヨーク等の東海岸ではスーツの人が多いようです。気候や文化の違いからこうした違いがあるのではないでしょうか。

それでは実際に就職活動で面接に行くときにはどのような身だしなみが好ましいのでしょう。

例えばピザ屋のアルバイトなら私服で構いませんが、企業の社員としての面接であればやはりスーツが適切です。国は違ってもスーツは世界共通の服装ですので、日本人が正装であると感じるようにアメリカ人も同じように感じます。ただし、前記したように地域によって多少の文化や考え方の違いがあります。西海岸であればクールビズに、東海岸であればジャケットを着て、という風にするとより現地の人から好印象を持たれるのではないでしょうか。

また、面接当日の持ち物に関しては筆記用具やレジュメ等、日本と特に違いはありませんがアメリカでは建物に入る際に身分証が必要な場合があります。身だしなみのチェックと一緒にしておくと良いでしょう。

アメリカでの就職を実現するために知っておきたい面接での注意点

アメリカの企業で書類審査が通り、面接の日程通知が知らされたなら、うれしいながらも大きなプレッシャーを感じるかもしれません。

ではアメリカの就職活動における面接でどのような点に注意すれば良いでしょうか。日本であっても海外であっても、基本的な原則は同じです。

たとえば服装と見なりは非常に重要です。アメリカが自由な国であるとはいえ、第一印象は最初の数秒で決まります。清潔でプレスされた服装で臨みましょう。また靴は裏もかかとの部分もきれいに磨いておくことが大事です。当日持っていくカバンやファイルケースにも気を配りましょう。

必ずしも新品である必要はありませんが、好印象を与えるようにします。言うまでもなく遅刻は絶対にあってはいけません。面接の場所が初めてであるなら、十分前もって下見をして当日遅刻しないようにする必要があります。その時間がないなら、早めに家を出ましょう。

三分の遅刻より三時間前と言われるように、余裕を見て家を出る必要があります。

いよいよ面接が始まったなら、落ち着いて相手としっかりコミュニケーションを取れるようにしましょう。積極的に発言して熱意をアピールする必要があります。

質問するチャンスが与えられた時に遠慮して何も答えないなら、マイナスイメージを与えることになりかねません。相手側にこの人を採用したいと思わせる必要があります。生意気と思われないようにおとなしくしすぎることや、逆に極端になることも避けなければいけません。

本質ではないが、基本的な質問例と回答例を紹介

アメリカでこれから就職しようと考えている方が一番心配なのが、企業の面接の内容ではないでしょうか。

日本と違い、総合職での採用が少なく、専門職を求める求人が多いアメリカでは、質問の内容も日本とはかなり違います。電話面接を例に簡単に説明していきましょう。まず時間にすると面接の時間は平均して30分です。始めは大抵は企業説明や面接の対象となる職種について説明があります。

その後、必ず聞かれるのが自分の能力の自己分析です。どのような経験をしてきて、どのような技術を持っているかを問われますので、学歴、職歴、自身の特徴などを説明すると良いでしょう。次に聞かれることが多いのが何故このポジションに出願したのかです。

この質問に対しては、一つ目の質問の回答と重複しないように心掛けなければいけません。学歴を活かした回答をするのであれば、今までの職歴と絡めながら、どのように会社の利益に還元できるかなど詳しく回答していきましょう。次に多いのは職歴の詳しい内容です。

アメリカは総合職よりも専門職を求めており、優秀な人間であるかという事と共に即戦力になるかを求めています。求人をしているポジションにどれだけで適合するのかが重要なので、どれだけの技術や技術、経験を過去に磨いてきたかを見極めようとします。

シンプルでも良いのでご自分の職歴での経験や成功例などを交えつつ答えましょう。最後に、今後の短期的な目標と長期的な目標、どのような職場環境が理想かを聞かれて終了です。最後の質問は抱負に近いので自分の考えを正確に伝えて内定を勝ち取りましょう。

事前準備が重要!面接でよく聞かれるポイントを抑える

アメリカ企業の面接で大切な事は自分を良く分析して相手に説明する事です。

アメリカだけではありませんが、どの企業も面接時には相手を良く知ろうと努めます。

まず自己紹介ですが、自分の強みとする事や仕事に関係する事など相手に知ってほしい内容を話します。決して脚色し過ぎる必要はなく、時系列での学校時代の得意科目や前職での職歴などが良いでしょう。職場経験のない場合は自分が選んだポジションをどのような理由で決めたか簡単に説明します。

また同じような職種での転職の場合は退職理由を必ず説明します。双方ともあまりマイナスな印象にならないように話す事が大切です。その理由が「どうしてこの企業を選んだのか」と同等になるようにする事が理想です。

目的を答えればいいのですが出来れば自分の能力や強みに絡めて説明すると説得力を持ちます。アメリカ企業は個人を大切にします。本人のビジョンがしっかりしていればそれと会社内のポジションとを照らし合わせて後押ししてくれる場合もあります。

5年後、10年後のビジョンを語れるように準備して面接に臨む事が大切なポイントになります。

面接の終わりに相手から「質問は?」と聞かれますので、会社の事、ポジションの事など聞きたい事を逃さず質問しましょう。こちらから質問をする事で相手に熱意として感じさせることができます。常時多弁である必要はありませんが、自分の考えを自身の言葉としてしっかり相手に伝わるように話しをするつもりで臨みましょう。

就職活動対策の重要ポイント面接までに準備すること

アメリカで就職するには、面接を受けなければなりません。
そして、万全の状態で臨むには、それなりの準備が必要です。
まずは、どんな質問をぶつけられてもいいよう、前もって自分の意見をまとめておきましょう。

応募したい会社と、その会社で就きたい職について調査しておけば、「なぜ応募してきたのか」ということについて、具体的に答えることができます。
そして、アメリカでも「よく訊かれる質問」という物は存在します。
一つ目は、「自分の経験や能力について」。
これに対しては、自分のプロフィールを交えて答えるのが基本です。

大学で学んだことや、前職の経験などを話し、最後に自分の特徴として強みをアピールするとよいでしょう。
二つ目は、「今までにどんな仕事をしてきたのか」。
アメリカの会社は、「応募者が、募集している職にどれだけ合っているか」ということを重視します。
ここが、大半を総合職で採用する日本との大きな違いといえます。

ただし、新卒の場合は職歴がありませんから、その場合は「就きたい仕事で求められているスキルを磨いている」ということを答えればよいでしょう。
三つ目は、「短期目標と長期目標について」。
これは、後半以降で訊かれることが多く、さほど重要な質問ではありませんが、答えを想定しておくに越したことはありません。
四つ目は、「理想とする働き方について」。
これもあまり重要ではないので、「一人で働くのが好き」など、正直に答えても問題ありません。

会社によってはオンライン面接がある、その対策とは

日本と海外では就職をするときに国ごとの差が出てしまうことも多いです。日本では履歴書を会社に送付して、面接を受けますが、海外ではレジュメと呼ばれるものが一般的です。履歴書とは違って、就職をする人を全面的に売り込むための文章作成能力が必要になります。

海外で就職活動をしたことがない人むけに支援してくれる企業もあるので、活用してみると良いでしょう。

アメリカと日本でも就職をするときの流れが違ってきます。日本の場合には、筆記試験や直接顔をあわせる面接形式をとることが多いです。しかし、アメリカでは1次試験はオンライン面接をすることがあるのです。企業によって顔が見えない電話とビデオ通話と二種類の方法があります。顔が見えないものに関しては、表情や手振りを相手に伝えることが出来ない点に注意しましょう。顔が見えない分、声ですべての印象が決まってしまいます。いつもよりは、明るく元気な声を出すと印象も良くなります。

ビデオ通話の場合には、顔が見えるので服装や電話を受ける場所に考慮しなければいけません。騒音がうるさくて相手の声が聞こえない場所は避けるべきです。服装はスーツが適しているでしょう。カメラの設定によっては顔の印象が悪く見えるので、電話をうけるまえに明るく設定しておきましょう。

アメリカでは、オンライン面接が一般的なのでなれておくことが大切です。初めてうけるときには、知人に練習相手になってもらうといいです。

カバーレターとは?正しいカバーレターの書き方

アメリカで就職を考える場合、非常に重要になってくるのが、英語でのレジュメです。

アメリカで日本人が現地の人よりも能力的に少しでも優れており、雇う価値があると思わせることは人並み外れたことではありません。

そこでよりレジュメを担当者に印象づける為にカバーレターから気を遣わなければなりません。表紙であるカバーレターは、担当者が1番先に目にするものです。書き方が雑であったり、要点がまとめてなかったりすると印象が悪くなり、レジュメに目を通さずに不合格となってしまうことも少なくありません。まず自己PRを忘れずに書きましょう。応募する企業にもよりますが、大企業になればなるほど書類に目を通す時間は少なくなってきます。

いかに短時間で読む人に引っかかりをつけるかが重要ですので、簡潔に自分が企業にとって有益な人材であるかをアピールしましょう。カバーレターのマナーとして、必ず企業の担当者の名前を書きましょう。

担当者の名前がないと、企業によっては、書類に目も通してもらえません。担当者については、ウェブサイト上の応募条項に載っていますので、必ず書きましょう。また、日本人日本円でとって男性か女性かわからない場合もありますので怪しい時は必ず電話で聞きましょう。

カバーレター結びには、時間を割いて書類に目を通してくれたことや面接をよろしくお願いしますといった依頼も忘れないようにして結びます。正しくレジュメを作り、アメリカでの就職活動を成功させましょう。

アメリカでの就職活動の第一歩、レジュメの書き方を伝授!

アメリカの就職ではレジュメと呼ばれる、自分を最大限アピールするためのツールが用いられます。

レジュメは日本の就職で使われている履歴書と比べると、形式や書き方が大きく異なっています。

日本では依然として手書きの文字が好まれる傾向がありますが、アメリカではパソコンで書かれた文章が一般的です。アメリカはパソコンが生活に浸透しているため、効率化と見やすさの点から、手書きの文章は好まれないのです。

志望動機やアピールポイントは、強気な表現を用いてやる気を見せます。日本人は控えめで受け身な気質の人が少なくありませんが、アメリカでは積極的な姿勢をアピールしないと、消極的で意志がない人だと受け取られてしまいます。

自慢や目立つことを苦手とする日本人は多いですが、アメリカは様々な人種や国籍の人が働く国ですから、自分という人間を精一杯宣伝していかないと埋没してしまいます。日本人は和製英語と本場の英語の混合にも注意する必要があります。

日本で使われているカタカナ英語は、正しい英語とは違った意味で使われていることがあるので、確認しないまま使ってしまうと、誤解や評価を下げる原因になります。

レジュメを書き終えたらそのまま提出するのではなく、現地のビジネス事情に通じたネイティブな外国人に添削してもらうといいでしょう。微妙なニュアンスの違いや効果的な表現を教えてくれるので、自分の魅力が最大限に盛り込まれたレジュメが出来上がります。